お知らせ

イベント情報

松竹大谷図書館
2017/10/31更新
閲覧室所蔵資料展示「三船敏郎」展のお知らせ

11月-12月の閲覧室展示は、本年に没後20年とデビュー70周年を迎える「三船敏郎」展を行います。
1947年の『銀嶺の果て』でデビューした三船敏郎は、名コンビとして知られる黒澤明の監督作品をはじめとして、稲垣浩や小林正樹、岡本喜八など多くの名監督の作品に出演し、侍やギャング、軍人ものだけでなく、歴史上の人物に扮した作品や文芸もの、様々なジャンルの作品にも出演、生涯の出演作は約150本にのぼります。また、ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞や最優秀男優賞など、国際的な賞を受賞した出演作も多く、その名声により1961年からは海外映画にも進出、アラン・ドロンやチャールズ・ブロンソンなどの名優と共演しました。
今回は、日本のみならず、世界でも活躍した大スター“世界のミフネ”、三船敏郎の、初期の出演作のスチール写真、『七人の侍』のプログラム、『蜘蛛巣城』の撮影スナップ写真が貼られたスクラップブック、山田洋次監督作品『男はつらいよ 知床慕情』のプログラム、そして海外出演作品の資料など、様々な資料をご紹介いたします。

展示期間:2017年 10/27(金)~ 12/26(火)
展示場所:松竹大谷図書館 閲覧室(ホームページはこちら)

TOP