Facebook

お知らせ

イベント情報

松竹大谷図書館
2017/3/16更新
閲覧室展示「新国劇100年」展のお知らせ

3月-4月の閲覧室展示では「新国劇100年」展と銘打ち、「新国劇」の関連資料展示を行います。今から100年前の大正6[1917]年4月18日、新富座(現在の新富2丁目6番1号)にて新国劇が旗揚げされました。新国劇とは、澤田正二郎が新しい国民劇の創造を目指して結成した劇団で、大衆に親しまれる演劇と激しい立回りの剣劇が、特に男性観客を魅了しました。
昭和4[1929]年に澤田正二郎が急逝した後は、辰巳柳太郎と島田正吾が柱となって新国劇を支え、創立70周年にあたる昭和62[1987]年に解散するまで、精力的な舞台活動を行いました。3-4月の展示は、この歴史ある新国劇の資料を展示します。新国劇出身の俳優・緒形拳や、新国劇解散後に、その精神を受け継いで結成された劇団若獅子の資料も取り上げて、台本やプログラム、舞台写真など戦前から戦後にかけ幅広く展示をいたします。
ぜひお立ち寄りください。

展示期間:3/16(木)~ 4/26(水)
展示場所:松竹大谷図書館 閲覧室(ホームページはこちら)

2017/2/27更新
専門図書館への入口講座第8回 日比谷カレッジ版「映画・演劇資料の宝箱」
-松竹大谷図書館-のお知らせ

2017年3月16日(木)に、千代田区立日比谷図書文化館主催の、松竹大谷図書館を紹介する講座が開催されます。
【専門図書館への入口講座第8回 日比谷カレッジ版「映画・演劇資料の宝箱」-松竹大谷図書館-】
 ■会場:千代田区立日比谷図書文化館4FセミナールームA
 ■日時:3月16日(木) 18:30~19:30(18:15開場)
 ■参加料:無料
 ■定員:24名
当企画への参加は、日比谷図書文化館へお申込み下さい。
※申込先着順で定員24名になり次第締め切り

講座の概要・申込方法などはこちら(日比谷図書文化館のおしらせページ)

TOP